健康の入り口"

唾液力アップでカゼ・インフルエンザ対策

唾液力アップでカゼ・インフルエンザ対策
唾液力アップでカゼ・インフルエンザ対策カゼ・インフルエンザが猛威を振るうシーズンがやってきました。日経ヘルス2019年12月号でウィルスへの防御力を高める方法が紹介されていました。

国立スポーツ科学センタースポーツ研究部の枝伸彦研究員は「カゼ・インフルエンザ対策は、まず、ウイルスを体に入れないこと。そして万が一ウィルスが鼻や口から入ってしまっても、すぐ撃退できるよう、免疫のベースラインを上げておくこと」と話しています。

ウイルスを体に入れない方法として、手洗い、うがい、マスクの着用はもちろん、室内の保湿・加湿などが挙げられます。カゼやインフルエンザのウイルスは、温度や湿度が下がると元気になるからです。
「鼻やのどを潤すだけでもウイルスの活動は低下する。緑茶に含まれるカテキンや紅茶に含まれるテアフラビンといったポリフェノールには抗菌・抗ウイルス作用があるので、ウイルス対策にはお薦めだ」と枝研究員は言っています。
一方、「免疫のベースラインを上げる」うえで重要となるのが、ウイルスの侵入口となる粘膜の免疫機能です。
粘膜では、病原菌やウイルスの侵入や増殖を防ぐ分泌型IgA(免疫グロブリンA)という免疫抗体がつくられ、?細菌やウイルスが作る毒素を無力化する、?他の免疫細胞が食べやすくなるよう病原体を処理する、?病原体を破壊する、という3つの慟きで、病気の感染・発症を防いでくれます。
IgAは腸管粘膜や鼻、口などでつくられ、「口の中では、主に唾液腺の奥で作られた唾液によって口からのどに広がることで、有害菌やウイルスの侵入に素早く対処する。唾液中のIgAの量が減ったり、唾液そのものの量が減ってしまうと、感染症にかかりやすくなる」と神奈川歯科大学の槻木恵一教授は説明しています。
唾液中I−gA量は、マラソンなどのハードな運動のあとや、疲労の蓄積、集団生活や受験などによるストレスで減ることがわかっているので、唾液中IgA量をいかに高く保つかが、カゼ対策において重要だということです。
槻木教授が1073R−1という乳酸菌の入ったヨーグルトで、唾液中IgA量などを調べたところ、「唾液量や、ワクチン接種後の唾液中IgA量の増加などを確認できた」といいます。
ほかにも、クロレラの摂取や、マッサージ、ヨガ、アロマテラピーなどでも唾液中のIgA量の増加が確認されたという報告があるそうです。このことからも、「唾液力を高めることがカゼ・インフルエンザ対策では重要」と槻木教授は話していす。


唾液力アップでカゼ・インフルエンザ対策

配信 Willmake143

がんの痛みを解消する処方箋

がんの痛みを解消する処方箋
がんの痛みを解消する処方箋日本人の半数がかかる病気、がん。治療法などが紹介されることは多いですが、がんが引き起こす「痛み」についてあまり知られていません。
自らもがん闘病中の気鋭のジャーナリスト森省歩氏が、緩和ケアの現場から、痛みの仕組みや対処方法をサンデー毎日2019年11月17日号で報告しています。

現在の緩和医療は人々の「せめて苦痛なく逝きたい」という願いや要請に必ずしも応えるものとはなっていません。
確かに「緩和ケア(在宅緩和ケアも含めて)」や「看取り」などの言葉は広く知られるようになりました。
しかし、緩和ケアが標準がん治療の尽きた最末期患者の「送り込み先」として利用されていたり、結果としての看取りだけが独り歩きして「その人らしく生きるための支援」が抜け落ちていたりと、緩和医療の現場にはお寒い現実も少なからず横たわっていると森氏は述べています。
その結果、適切な緩和ケアが受けられないまま七転八倒の死を迎える患者も少なくないのが現状だそうです。
人生100年時代を迎え、今や「日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで命を落とす」とされる時代です。
森氏の報告は「がんのホームドクター」として全国的にも極めてユニークな在宅緩和ケアを行っている「さくさべ坂通り診療所」(千葉市)の大岩孝司医師(72)らの先進的な取り組みを紹介したものです。


がんの痛みを解消する処方箋『がんの最後は痛くない』の著書もある大岩医師はまず、「理にかなった緩和ケアを受ければ、がんの終末期にいわゆる七転八倒の苦痛に襲われることなどあり得ない」と断言した上で、次のように指摘しています。

「実は、患者さんが『実際に感じる痛み』は身体的な『がんの痛み』が増幅されたものなのです。
患者さんが置かれている状況を想像してみてください。ただでさえ迫りくる死への不安や恐怖で圧し潰されそうになっているところに、『自分がこれまでに受けてきた治療は間違っていたのではないか』『周囲は自分のこの辛い気持ちをどうして理解してくれないのか』といった迷いや不満が次々と押し寄せてくるのです。
身体的な痛みは医療用麻薬などによって除去または緩和することができますが、私が『気がかり』と呼んでいる不安や恐怖、迷いや不満などによって増幅された痛みは、気がかりに対するケアなくして緩和、解消することはできないのです。
この痛みのメカニズムを理解しないまま、モルヒネだけに頼った緩和ケアを続けた結果、世に言う『七転八倒』が起こるのです。
そして、この七転八倒に断を下すべく、緩和ケアの最終局面で鎮静が多用されることになるのです。逆に言えば、理にかなった緩和ケアを実施すれば、七転八倒も起こらないし、鎮静も必要ないのです」と語っています。

では、がんの痛みを増幅させる気がかりはどうすれば解決されるのか。そこで必要になってくるのが、患者が実際に感じる痛みをトータルペインの視点から捉え、実際に感じる痛みを全人的ケアによって解消していくという考え方だそうです。
全人的ケアとは「身体面だけではなく、心理面や社会的立場なども含め、患者を全人格的に捉えて診るケア」ですが、大岩医師は全人的ケアを実際に行う際の要諦を「患者さんの語る言葉に基づいて気がかりを一つずつ相談しながら解消していくこと」と指摘し、大岩医師とともに在宅緩和ケアにあたっている鈴木喜代子看護師は「基本的には聞き役に回って患者さん主導に徹すること」と表現しています。

配信 Willmake143

窒息 一刻を争う異物除去

窒息 一刻を争う異物除去
窒息 一刻を争う異物除去食べ物などをのどに詰まらせて窒息して亡くなる人は年間9千人を超えるそうです。
息が止まれぱ一刻を争い、心肺蘇生と同じように、救命には、のどに詰まった異物をいかに早く取り除けるかが重要になると2019年11月13日の朝日新聞が伝えていました。


窒息 一刻を争う異物除去年をとると、かむ力やのみ込む力が衰えて食べ物をのどに詰まらせるリスクが高まります。

曰本医科大病院など8施設のデータによると、気道が塞がっている状態が5分以内では死亡は6%。6〜10分だと死亡または意識が戻らない状態が、合わせて42%に上っているそうです。
救急隊の現場到着時間は2017年で平均8.6分。10年前より1分36秒延びています。救急隊の到着を待っていては、助けられないケースもあります。
日本医科大学高度救命救急センターの五十嵐豊助教(救急医学)らが、08〜14年に同センターに運ばれた食べ物による窒息患者155人を調べたところ、救急隊の到着前に詰まった気道が再び通っていれば、7割が重い障害を残さずに回復していたそうです。
五十嵐助教は「死亡や重い障害を防ぐには、周りの人の積極的な助けが重要だ」と指摘しています。

異物による窒息は、乳幼児でも起きています。
曰本小児呼吸器学会のグループが昨年、15歳以下の子どもを対象にした全国調査結果の論文を発表しました。
事故時に患者がとっていた行動は、食べ物を口に入れた状態でふざける、むせる、転ぶという回答が目立ったそうです。
気道に入った食べ物は、ピーナツ(40%)が最多で、節分の豆を含む枝豆・豆類(25%)、アーモンド・ナッツ(11%)が続いています。
調査グループの今井丈英・山口小児クリニック院長は「ひやりとした場面を経験している家族の人は少なくない。どのような食事や行動が事故につながりやすいか、リスクを知ることが予防には大切だ」と話していました。

配信 Willmake143

治療薬の副作用で顎骨壊死

治療薬の副作用で顎骨壊死
治療薬の副作用で顎骨壊死骨粗しょう症治療で広く使われているビスホスホネート系(BP)製剤に、副作用としてあごの骨が死ぬ顎骨壊死(がっこつえし)という合併症のリスクがあることはあまり知られていません。
2019年11月13日の毎日新聞が、歯科治療にも影響するこの薬との付き合い方を紹介していました。


治療薬の副作用で顎骨壊死BP製剤による顎骨壊死は2003年に米国で報告された病気です。
あごの骨が歯茎から露出したり、下唇がしびれたり、進行するとうみがたまって皮膚に穴があいたりします。骨粗しょう症のほか、がん患者でも生じ、治りにくいのが特徴です。
日本口腔外科学会の全国調査では、国内の顎骨壊死数は06〜08年の263例から、11〜13年の4797例へと急増しています。BP製剤だけでなく、デノスマブという治療薬でも顎骨壊死が起きます。
原因や発生のメカニズムは解明されていませんが、抜歯をきっかけに感染して発症することが多いそうです。
骨粗しょう症の治療には必要な薬なので、服用中にどう副作用を抑えるかが重要だということです。

ポイントは感染予防。「骨粗しょう症の治療前に歯科で点検を受け、掃除や抜歯を済ませて口の中をきれいにすることが必須だ。持病がある人や高齢者には欠かせない」と千葉大学の丹沢秀樹教授(口腔科学)は語っています。
投与が決まったら、歯科で定期的に口腔ケアを受けて清潔を保ってください。

一方、どんな時に休薬すべきかは現在、専門家の間でも議論がまとまっていないとして、次のようなケースを記事では紹介していました。
東京都板橋区の主婦、矢作滋子さん(69)は2015年、整形外科でBP製剤の注射を開始。薬の説明は特になく、食事や運動の指導もなかった。しばらくして手のひら大の三つ折りのカードをもらった。


治療薬の副作用で顎骨壊死歯科受診の際に提示するカードで、患者が服用するBP製剤の商品名を伝え、「顎骨壊死があらわれることがあるので、抜歯はできるかぎり避けてください」と依頼する文面だった。
2017年に物がかめなくなり、かかりつけ歯科医を受診。歯の根が割れて抜歯が必要だったが、「BP製剤の注射を2年間している」と伝えると、休薬が必要と言われ抜いてもらえなかった。
その後、整形外科に休薬を申し出たが認めてもらえず、通院を停止。結局、抜歯したのは昨年4月、東京都立の病院で。
歯が痛くて物がかみづらい状態が1年以上続き、5本抜いた。顎骨壊死こそ免れたが、矢作さんは「骨密度は正常より少し低い程度のため、BP製剤の注射までしなくてもよかったのでは。整形外科でBP製剤を出す時には『歯の治療ができない時がある』と説明すべきだ。高齢者の多くは知らないはず」と訴えています。

配信 Willmake143

目の不調は脳のSOS!?

目の不調は脳のSOS!?
目の不調は脳のSOS!?まばたきが多い、光がまぶしくて目を開けていられない、モノが二重に見える、片方の目が急に見えなくなつた……。こうした症状は‟脳”が原因で起こることが少なくないそうです。
これらの症状の原因と対策を週刊朝日2019年11月8日号が紹介していました。

神経眼科とは、眼球だけでなく脳にも焦点をあて、診断や治療を行う眼科の一領域です。
日本では数少ない神経眼科医の一人、清澤眼科医院(東京都江束区)院長の清澤源弘さんは、「特に、片目だけ急に見えなくなる、モノが二重に見えるといった症状は要注意」といっています。
記事には「片目だけ急に目が見えなくなる状態を『一過性黒内障』と呼びます。多くは数秒から数分で回復しますが、脳梗塞の前兆である可能性が高い。すぐにMRIなどの画像検査をして脳に問題がないか確かめることが大切です」と書かれています。
またモノが二重に見えるのも、脳梗塞の前兆の一つです。専門的には「複視」というそうです。
黒内障や複視は、高血圧や糖尿病がある高齢者に起こりやすく、目に表れた「脳の病気」のサインとして見逃さないこと、気がついたらすぐに眼科、できれば神経眼科への受診が大切だと書いてありました。


目の不調は脳のSOS!?「眼瞼けいれん」は、目の周りの筋肉が過度に緊張して正常なまばたきができなくなった状態をいい、まぶしさや目の乾きなどの不快感を伴う病気です。
眼瞼けいれんの患者数は、推定で20万~100万人。腫瘍や炎症などが原因になることもあるが、多くは脳の働きが悪くなる機能低下によるものです。
そのため、MRIやCTなどの画像検査では見つけにくく、診断がむずかしいそうです。
「眼科で診るのは、眼球や視力の異常。ですが、眼瞼けいれんの場合、たいてい眼球は健康で、視力もいい。そのため症状があるのにもかかわらず、‟異常なし”と診断されやすい」ということです。


目の不調は脳のSOS!?NPO法人「目と心の健康相談室」は、見え方の問題に関する悩みを電話で聞いています。
2015年の設立以来、300人以上の相談にのっています。同法人の理事長で看護師の荒川和子さんは「ここではセルフケアの方法や受診先を紹介するほか、勤務先に情報提供をし、仕事ができる環境づくりを手伝うこともあります。受診先については、目と脳の問題に詳しい神経眼科への受診をすすめています」と語っています。神経眼科医は、日本神経眼科学会のホームページで紹介されています。

配信 Willmake143

筋力

筋力
筋力
婦人画報2019年11月号の婦人科コラム欄は“筋力”について書かれていました。いま、老年期の「フレイル(虚弱)」が問題になっています。
フレイルとは、健常な状態と要介護状態の中間のことです。多くの高齢者は‟筋力”が衰える「サルコペニア」を経て、さらに生活機能全般が衰えるフレイルとなり、要介護状態に至ります。

東京大学高齢社会総合研究機構の飯島勝矢教授はこう解説しています。
「フレイルの主要因にサルコペニア(加齢性筋肉減弱症)があります。サルコペニアは要介護の入り口。サルコペニアによって転倒骨折しやすくなり、億劫になることも含め外出頻度が減少、徐々に社会との接点が減って認知機能が低下しやすくなります。
これまでは生活習慣病対策として“メタボ”予防ばかり叫ばれていました。しかし、65歳以上では太っている人より、やせている人のほうが総死亡率が高いことがわかってきました。

メタボ、生活習慣病予防に注意してカロリーコントロールするのは60代前半まで。
老年期の低栄養、フレイルを予防するためにも、60代半ばからは個別の状況を判断しつつ徐々にギアチェンジして、適切なエネルギーやタンパク質を摂るようにすることが重要です。噛まない、柔らかいものばかり食べることによる口腔機能の低下(オーラルフレイル)により、低栄養→心身の機能低下→フレイルヘ至る問題も明らかになっています。
筋肉をつけるためには、定期的な運動(筋トレと有酸素運動)とタンパク質に気をつけたバランスのよい食事が大事。そしてオーラルフレイル予防のためにしっかり噛むことも大事です」。


筋力20歳以上の約7割が運動習慣をもっていないという日本の現状で、ほかにも効果的なフレイル予防はないのでしょうか?という質問に飯島先生は
「それは社会やコミュニテイ、人とつながっていることです。約5万人の自立高齢者に行った大規模な調査研究があります。
①身体活動(運動) ②文化活動 ③ボランティア・地域活動を日常習慣として行っているかを聞き、フレイルのリスクを調べました。すると、予想通り①~③すべてを行っている人のフレイルリスクが最も低いという結果でした。
しかし、①の運動だけ行っていて②③は行っていない人より、①の運動はしていないが②③の活動を行っている人のほうが、フレイルリスクが約3分の1も低かったのです。フレイル予防の観点から考えると、ひとりで運動だけ行っているよりも、コミュニティや人とつながっていることの重要性を示した結果です」と答えていました。更年期からの筋力リザーブは、要介護状態を短くして健康寿命を延ばすための財産となります。

配信 Willmake143

ドライマウス外来

ドライマウス外来
ドライマウス外来家庭画報2019年11月号は“ドライマウス外来”を紹介していました。2002年、全国に先駆けて「ドライマウス外来」を開設した栃木医療センターは、ドライマウスの診療では全国有数の実績を誇っているそうです。

ドライマウスは、さまざまな原因によって口が乾く病気で、医学的には「口腔乾燥症」と呼ばれます。
患者は圧倒的に女性が多く、50代以降で罹患する人が増えてきます。「症状として重要なのは唾液量が減少することで、初期には口の中が乾いたり、ネバネバしたりしますが、異常として認識されにくいため、舌の痛みやざらつき感などを感じるようになってから受診する人が多い」と同外来を担当する岩渕博史先生は説明しています。

唾液量が減少する原因は大きく二つに分類され、一つは唾液がつくれなくなること、もう一つは体内の水分が減ることです。
唾液がつくれなくなる原因で最も多いのは、薬の副作用によるもので、高血圧の薬、精神安定剤、頻尿の薬、アレルギーの薬などは唾液の分泌を抑制することがよく知られています。
「炎症や腫瘍による唾液腺の障害、極度のストレスや更年期障害、がんの放射線治療や抗がん剤治療が原因のこともあります。
さらに原因疾患で多いのは自己免疫疾患の一つであるシェーグレン症候群です。当外来を受診された人の約半数にこの病気が見つかっている」そうです。
一方、体内の水分が減るのは、ほかの病気や治療によることが多く、糖尿病や尿崩症、透析治療、利尿剤の常用などは体内から水分を排出する原因となります。診断ではこれらの原因を見極めることが重要になってきます。


ドライマウス外来もう一つ注意しなければならないのは唾液量が正常なのに口が乾くと訴える人が少なからずいることだそうです。
「唾液成分異常や保湿力の低下、精神的要因などによって起こり、近年はこのような場合もドライマウスと診断し、治療対象とする方向に変わってきている」と岩渕先生は述べています。

ドライマウスの治療は、原因に応じて行われ、ほかの病気によってドライマウスを生じている場合は、その治療が最優先されます。
また、薬の副作用が疑われる場合は、その薬の中止や変更を、処方した主治医と相談します。
「薬を中止できないときは、よく噛んで食べるなどの咀嚼リハビリに取り組んでおくと唾液腺が萎縮するのを防げます。
ドライマウスは逆流性食道炎や食道がん、風邪、インフルエンザ、うつ病などを引き起こすこともわかってきました。
放置すると全身の健康にも悪影響をもたらします。口が乾くなどの自覚症状があるのなら、ためらわずに専門外来をぜひ受診してください」と岩渕先生はアドバイスしていました。

配信 Willmake143

音楽療法

音楽療法
音楽療法サンデー毎日2019年10月20号が、ココロとカラダを癒やす音楽療法についての記事を載せていました。音楽を利用して心身の治療や健康増進を図る「音楽療法」が医療の現場でも取り入れられているそうです。


音楽療法 一般社団法人・日本音楽療法学会名誉理事長で、聖徳大名誉教授の村井靖児先生(音楽学・精神医学)は、「認知症の人は、その瞬間のことは脳に記せなくても、昔の記憶は消えていない。昔、よく聴いた歌は覚えているんです。みなさん、歌っている時は実にいい表情をしていますよ」と述べています。 
ポイントは、しっかり自分で発声すること、そして歌詞の味わいを得て、心を奮わせることだそうです。
歌うことで、懐かしい世界にひたる「精神的反応」、他人と一緒に行動することで心のつながりを得る「社会的反応」、そして喉を使うことで喉の筋力を維持し誤嚥を防ぐといった「身体的反応」が得られるというのが村井先生の見解です。


音楽療法埼玉医科大短大名誉教授で理学博士の和合治久先生は「モーツァルトと健康効果」を研究しています。血液の流れなどを調節する自律神経には「交感神経」と「副交感神経」とがあります。
緊張やストレスのある状態や寝不足が続くと、交感神経が優位となり血流が悪くなったりします。副交感神経を優位にすれば、それは解消されます。
そこで、和合先生は、副交感神経を刺激するツールとして音楽に着目したのだそうです。和合先生は和音が多く、特に倍音が発生しやすいモーツァルトの楽曲をすすめています。

配信 Willmake143

秋バテを防ぐ

秋バテを防ぐ
秋バテを防ぐ2019年10月21日付の毎日新聞が、鎌田實先生の秋バテを防ぐ5つの行動を紹介していました。
厳しい夏の暑さが一段落し、「食欲の秋」「スポーツの秋」がやってきました。なのに、なんとなくやる気が出ない、いつまでも疲れが残つているといった、気温の差に体が対応しきれていない状態は、”夏バテ”ではなく”秋バテ“です。

夏から秋への季節の変わり目は、朝スッキリ起きられない、体がだるい、食欲がない、といった症状が起こりがちです。
これらの症状は自律神経の乱れによって生じると考えられています。こうした秋バテを解消するには、ぬるめのお風呂にゆっくり入って、しっかり眠り、体を休めることが大切。
そのうえで、バテない体づくり 「五つのポイント」を始めてみようと鎌田先生はいっています。


秋バテを防ぐ 「秋バテを放っておくと、活動量も減っていくので、年齢バテを促進してしまう。年齢バテ、つまりフレイル、虚弱だ。特に高齢者はフレイルにならないように、この秋も元気に動ける体づくりを心がけたい。」
と鎌田先生は述べていました。

配信 Willmake143

万能美肌成分ビタミンC

万能美肌成分ビタミンC
万能美肌成分ビタミンC日経ヘルス2019年10月号はビタミンCについての記事を載せていました。
数ある美肌成分の中で、長年にわたり不動の地位を誇るビタミンCは、さまざまな技術によって安定性や浸透力が年々向上しているそうです。

現在市販されている ”塗るビタミンC“ には、ビタミンCそのままの「ピュアビタミンC」と、肌の中の酵素反応によってビタミンCを働かせる「ビタミンC誘導体」の大きく2つのタイプがあります。
「ピュアビタミンCは、配合されているビタミンC濃度が高いほど肌への効果が高いと考えられており、シミなどのトラブルにアプローチする効果も高くなる」とロート製薬東京学術チームの正木久美子さんは話していました。

“のむビタミンC”で肌の内側からアプローチするのも有効だそうです。
「ビタミンCは摂取後12〜24時間で肌に届く。毎日コンスタントに摂取することが、肌の老化予防のために大切」と東京都健康長寿医療センター研究所の石神昭人部長は述べています。効果的な塗り方、のみ方のコツが紹介されていました。


万能美肌成分ビタミンC

配信 Willmake143