健康の入り口"

たんぱく質ファースト

たんぱく質ファースト
たんぱく質ファーストいま老年期の「フレイル(虚弱)」が問題となっています。加齢により筋力が失われ、身体機能や認知機能が低下、心身ともに衰える状態のことです。そんなのまだまだ先のこととお考えですか?

女性の50代前後は筋肉量が急降下する、筋肉の曲がり角です。更年期を境に、筋肉をリザーブできる食事へとシフトチェンジするために婦人画報の2020年2月号は、健康長寿に欠かせない筋肉を育むための栄養の記事を載せていました。

「全身で使われている糖の70%は筋肉で燃やされます。筋肉をうまく使えば、どんな人でもスリムな体形を維持できるのです。
いま、筋肉の効用が次々と明らかになっています。たとえ70歳以上の高齢者でも、運動をすれば脳の海馬が大きくなり、記憶力がよくなるという研究結果もあります。
つまり筋肉をつければ、脳、骨、メンタル、糖代謝、免疫……すべてが好循環になるというわけです。だから筋肉の材料=タンパク質を十分に摂る必要があるのです」と京都大学名誉教授の森谷敏夫先生は言っています。


たんぱく質ファースト

たんぱく質ファースト

配信 Willmake143

がんでも食べられる

がんでも食べられる
がんでも食べられるがんの手術や抗がん剤の使用によって食が細くなることがあります。食べられない原因はさまざまですが、栄養が足りないと体力の回復が遅れ、治療にも影響が出ます。
そうした状況でもおいしく食べられる食事を研究し、料理教室で普及を図ってきた国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)が、その成果を基に症状別レシピ検索サイトを公開、活用を勧めていると2020年1月20日付の西日本新聞が伝えていました。

近年、通院しながら治療をする人が増えており、食事の問題がご家庭で発生するようになりました。
さらに、がんに罹患しても「がんと共存する」時代になってきたことから、治療中のみならず治療後もがんと共に生活する上で、食事に関する悩みも多様化しています。


がんでも食べられるがん患者さんは高齢者に多く、食事作りを担う配偶者も高齢である場合や、ご家族を亡くされた方が一人暮らしをしているケースも増えてきました。
一方で若い世代のがん患者さんは就労や育児との両立といった問題を抱えながら、自分の食事とは別に家族の食事にも対応しなければならない、という切実な状況があります。
がん治療には食事で体力を維持することがとても大切で、「体力がないと、抗がん剤の副作用が強くなり治療を中断せざるを得なくなる場合がある」と東病院がんサポーティブケアセンターの全田貞幹副室長は言っています。

同時に、食べられないことで生活の質が制限されます。何が食べられるのか、食べていいのかが分からないと、例えば知人とのランチに行けなくなったり、仕事の会合に出られなかったりします。
外見では分からないため、患者は一層悩むことになります。料理教室の目的は栄養摂取や調理のノウハウを教えることだけではないそうです。

「食卓での会話やコミュニケーションの楽しみを取り戻してもらう。こうしたら食べられますよ、と最初の一口をお手伝いしたい」と東病院の千歳はるか栄養管理室長は言っています。
病院の管理栄養士が提案し、試作しては改良を重ねてきたレシピは1300品を超えています。
千歳さんによると、がん症状別レシピ検索サイト「CHEER!・(チアー)」は、症状、主菜・副菜などの料理区分、食材、フリー語句の4種類の検索が可能です。
例えば症状は、食欲不振、吐き気・嘔吐、味覚変化、口内炎・食道炎、下痢、便秘、消化器手術後、貧血の八つから調べられます。
検索結果の料理のページでは詳しい作り方のほか「一度に2品、体調が優れないときでもつくりやすい」「味が薄く感じる人向けの1品」「酸味が効いて、吐き気があってもさっぱり」などのコメントが付いています。
現在は100品目ですが、今後の反響や寄せられた意見に応じて追加、充実させていく方針だそうです。

配信 Willmake143

認知症の第一人者が認知症になった

認知症の第一人者が認知症になった
認知症の第一人者が認知症になった2020年1月11日に放送されたNHKスペシャルは、自ら認知症であるという重い事実を公表した認知症医療の第一人者 長谷川和夫先生(90)を取り上げていました。
「長谷川式」と呼ばれる早期診断の検査指標を開発、「痴呆」という呼称を「認知症」に変えるなど、人生を認知症医療に捧げてきた長谷川先生とその家族の姿をNHKはこの1年記録し続けてきました。
認知症専門医が認知症になったという現実をどう受け入れ、何に気づくのか。人生100年時代を迎え、誰もが認知症になりうる時代。長谷川先生が気づいた新たなメッセージを届け、認知症新時代を生き抜くための「手がかり」と「希望」を紡ぐ番組でした。


認知症の第一人者が認知症になった日経Gooday2020年1月特集には、国立長寿医療研究センターの遠藤英俊先生が、最新の研究結果を基に認知症予防について解説していました。
手軽でありながら、認知症予防に効果が期待できる娯楽としてカラオケが挙げられていました。

カラオケは何よりストレス発散になります。不安で落ち込んだ気分を解消することは、認知症のリスク要因を減らすことにもつながります。
国立長寿医療研究センターで行っているピアノに合わせて歌うなどの音楽療法は、認知症に伴って現れる多動、徘徊、不安・焦燥、アパシー(無気力状態)などの行動・心理症状(BPSD)の改善に有効だったそうです。
また、声を出すことで喉の機能が鍛えられるため、誤嚥防止にも効果があります。
誤嚥性肺炎を防ぐことが健康長寿につながることはいうまでもありません。


認知症の第一人者が認知症になった年齢を重ねてくると、最近のことは忘れても、昔のことは鮮明に覚えているという場面が増えてきます。しかし、昔を思い出すことは、決して後ろ向きの行為ではありません。
過去を振り返ることは、忘れかけていた記憶を想起させ、脳の「前頭前野」を活性化する働きがあります。
そうした考えのもと、懐かしい写真や生活用具などを使い、過去に思いをめぐらすことで、現在そして未来に目標や夢を持とうと開発された心理療法が「回想法」です。
カラオケ、麻雀、昔話といった意外なモノが認知症予防につながるとしたら、活用しない手はありません。

配信 Willmake143

冬の室内、乾燥を防ぐ

冬の室内、乾燥を防ぐ
冬の室内、乾燥を防ぐ2020年1月4日付の朝日新聞が、湿度をコントロールして健康で快適に過ごす方法を紹介していました。
室内が乾燥していると、かぜやインフルエンザにかかりやすいといいます。その理由を、東京医科歯科大の瀬戸口靖弘特任教授は二つ指摘しています。

一つは、病気の原因となるウイルスが空気中を漂いやすくなるからです。
空気が乾燥しているとウィルスの空気中の浮遊時間が長くなり、感染リスクを高めてしまうというわけです。

二つめは体のバリアー機能の低下です。
感染経路となる鼻やのどの内側は粘液で覆われています。ウイルスが粘液についても、細かな体毛が動いて侵入を防いでいるのです。
しかし部屋が乾燥していると粘液が蒸発して少なくなり、免疫の機能が低下し、風邪やインフルエンザに感染しやすくなるというわけです。


冬の室内、乾燥を防ぐ一方で[湿度が高くなり過ぎるのも注意したほうがいい]と瀬戸口先生は指摘しています。
暖かく湿った環境ではカビが繁殖しやすく、胞子を吸い込むと過敏性肺炎になることがあるからです。
瀬戸口先生によると、室温が25度のとき湿度は50%程度が理想的な目安だそうです。

ガスや灯油を燃やすストーブは排気に水蒸気が含まれるので乾燥を抑えられますが、エアコンを使う時は加湿器を併用するとよいと書いてありました。
加湿器は大きく3種類あります。水を細かな粒にして飛ばす「超音波式」。「加熱式」は水をヒーターで水蒸気にする仕組み。ぬれたフィルターに風を送り蒸発させる「気化式」。
ほかにも、室内に洗濯物などを干すことで加湿できます。また、窓に厚手のカーテンをかけると部屋の空気と窓からの冷気が遮断されて結露が発生しにくくなります。組み合わせて活用することをすすめていました。 

配信 Willmake143

唾液力

唾液力
唾液力人生100年時代、病気を未然に防ぎ、清々し心と健やかな体で毎日をタフに生き抜くには、自らを助ける智慧を少しでも多くもっていることが大切です。
婦人画報2020年1月号は “100歳佳人” に必要な12のちからとして、初回は「唾液力」を取り上げています。


唾液力さまざまな研究成果によって、いま急速に唾液の力が解明されてきています。
「唾液力とは量だけでなく、質も含めた唾液の総合的な健康具合のことです。唾液中には、健康に大切な成分がわかっているだけで100種類以上。想像以上に機能性の高い液体なのです」と神奈川歯科大学大学院の槻木恵一教授は言っています。


唾液力いま注目されているのは、唾液腺から産出されるBDNFという成分です。
BDNFは脳の神経細胞をストレスなどのダメージから守り、脳神経細胞の栄養となり、記憶を司る脳の海馬で多く見られます。
ストレス発生時には海馬での量が一時的に減少しますが、唾液や血中濃度は逆に上昇し、脳のストレス耐性を回復、強化する成分となるそうです。
「BDNFの減少は認知症やうつ病の発症リスクになります。逆にBDNFの産出量を増やせば認知症、うつ病の予防効果も期待できます」と槻木教授は述べています。

健康な成人の唾液量は、1日1000〜1500ml。人間が1日にかく汗の量が500〜1500mlとされていますから、唾液は平常時でも、酷暑の中で汗だくになったときの汗と同じくらいの量が出ていることになります。水分をこまめに摂ることも大切です。

さらに、唾液中に最も多く含まれている成分IgAを増やすことは、唾液の質を高めるためにも重要。
抗菌物質IgAは、体の免疫力を高め、虫歯や歯周病、誤嚥性肺炎、風邪、インフルエンザなどの感染症予防に重要な役割を担っています。
その方法として有効なのは、乳製品を毎日継続して食べること。特にヨーグルトが効果的。唾液中に含まれる抗菌物質IgAの濃度を高める作用があるからです。
根菜類、海藻などの食物繊維や、ぬるめのお湯で抽出した緑茶にも唾液中のIgAを増やす作用が確認されています。

配信 Willmake143

ドライアイ

ドライアイ
ドライアイ目の表面が乾くことで様々な不快症状が表れるドライアイ。パソコン、エアコンの普及で患者が増えている現代病の一つです。
空気が乾燥しがちな冬場は一段の用心が必要な季節です。ドライアイの発症のしくみと備えについての記事が2019年12月21日の日経新聞に載っていました。


ドライアイ涙には2種類あるそうです。泣いたときに出る「反射性分泌の涙」と目の表面を常に覆い保護する「基礎分泌の涙」で、後者がドライアイに関係します。
基礎分泌の涙は油、水、ムチン(糖タンパク質の一種)の3層から成り立っています。
水の蒸発を防ぐ油、目を潤し角膜に栄養を供給したり異物を洗浄したりする水、水を目の表面に均一に広げて定着させるムチンと、それぞれ大切な役割を担っています。
基礎分泌の涙が減ったり3成分のバランスが崩れ涙の層が不安定になったりすると目の表面が乾いて傷ついたりし不快な症状につながるのです。


ドライアイ涙の量や質が変化する原因の一つは加齢で、年齢を重ねると涙の分泌量が減ってきます。もう一つの原因は生活習慣の変化です。

パソコンやスマートフォンの長時間使用によって、画面を凝視し続けると、まばたきの回数が減り乾燥しやすくなります。
コンタクトレンズの使用もドライアイを招きやすいそうです。涙がレンズに吸い取られ、蒸発しやすくなるからです。

ドライアイには現代病の側面があり、2016年にはドライアイの診断基準が改定されました。
従来は目の傷の有無が基準とされましたが、自覚症状と涙の蒸発の速さでドライアイと診断されるようになったそうです。
生活習慣の改善でも症状が治まらない場合は、眼科で点眼薬を処方してもらうことをすすめています。
かつては水分を補給し傷ついた角膜を修復する点眼薬のみでしたが、最近は涙の各成分に直接働きかける点眼薬が開発されています。
点眼薬は必ず防腐剤の入っていないものをすすめています。
涙が少ない人が防腐剤入りを使うと、防腐剤が目の表面にとどまり角膜障害を起こしかねないからです。

配信 Willmake143

冬の唇荒れ

冬の唇荒れ
冬の唇荒れ空気が乾燥する冬は唇が荒れがちです。放置していると重症化しかねません。また、胃腸障害など他の疾病が潜んでいることもあります。
決して侮らずに、唇荒れにつながる習慣を見直し、予防、改善に努めようという記事が2019年12月14日付の日経新聞に載っていました。


冬の唇荒れ唇は粘膜と皮膚の境目にあり、他の部位の皮膚とは構造が異なるそうです。
油分を保つ皮脂膜がほとんどなく、皮膚の外側の角層が非常に薄いため、水分が蒸発しやすく、バリア機能を保ちにくい。
外的刺激の影響も受けやすいということです。

唇荒れに最も影響するのは、気温や湿度の低下による乾燥です。
乾燥により唇が乾くと、なめてうるおそうとしがちですが、唾液とともに唇に残る水分まで蒸発するので、かえって乾燥が進みます。
唇が荒れると気になって、なめるほか、かむ、唇を巻き込んでぎゅっと閉じる、皮をむくといった癖が生じやくなります。
そうした癖が、唇荒れを助長する悪循環につながってしまうそうです。

唇の荒れを防ぐには、保湿と紫外線対策をすることが大切です。
東邦大学医療センター大森病院(東京・大田)皮膚科の関東裕美臨床教授は、「保湿にはワセリンなどをこまめに塗る。特に就寝前にしっかり塗ると効果的。冷たい外気に触れる外出時にはマスクの着用を」と語っています。
唇の皮むけやひび割れが悪化すると、唇や口角に亀裂や出血、ただれなどが生じる口唇炎や口角炎になることもあります。
その場合は、治療効果のある医薬品のリップクリームを使うといいそうです。
顔の皮膚が新しく生まれ変わるまでの日数は約1ヵ月間。一方、唇は3.5〜10日間と短く、しっかりケアをしていれば、唇の荒れは肌荒れよりも改善しやすいとのことです。


冬の唇荒れそれにもかかわらず、口角炎がなかなか治らなかったり、繰り返したりする場合は、胃腸障害や自己免疫性疾患の可能性があります。
また、風邪や疲労などから免疫力が低下すると、唇に水庖ができる口唇ヘルペスを発症することがあります。

口唇炎と症状が似ていますが、それぞれ治療薬は異なります。市販薬を誤って使用すると症状が悪化することがあるので、安易な自己判断は禁物。
皮膚科を受診して下さいと書いてありました。

配信 Willmake143

足の健康

足の健康
足の健康むくみを防いで、いつまでも歩けるようにするために、足の健康についての記事が2019年12月7日の朝日新聞に載っていました。

福井県立大の佐藤文准教授(老年看護学)は、2014年に、石川県内の長期療養型の病院と特別養護老人ホームで、お年寄りの体の浮腫(むくみ)を調査したそうです。
身体のいずれかにむくみがあった205人の3~5ヵ月後の変化を見たところ、下半身のむくみが消えたり減ったりした人は3割弱にとどまり、多くの人はむくみが続くか悪化する傾向にあったとのことです。

むくみとは、血液などに含まれた水分が体の一部分にたまった状態です。ふくらはぎや足は心臓から遠く、重力も加わるために血液が 戻りにくくなりがちです。
そこで大切なのが、ふくらはぎの「筋ポンプ」の働きです。「第2の心臓」と呼ばれるふくらはぎは、血液を体に巡らせるために重要な役割を果たします。
佐藤准教授はこの筋ポンプの機能を維持するには、足の裏の踏み込む力が大事だと話しています。


足の健康施設では寝たきりを防ぐため、日中は起きているように高齢者に椅子や車いすで座ってすごしてもらっていますが、ベッドにいる時よりも重力で足がむくみやすくなる上に、ふくらはぎの『筋ポンプ』を使わないとむくみが重症化し、さらには歩けなくなる『座りきり』になってしまうと佐藤准教授は語っています。

座ったままつま先立ちのようにかかとを上げ下げする運動や足指じゃんけん、床に広げたタオルを足指でたぐり寄せるトレーニング方法が予防につながるそうです。


足の健康むくみの予防に加え、カギを握るのが爪のケアです。足の爪はしっかり踏み込んで歩くために大切な役割を果たします。
年齢を重ねて手の力が衰え、かがむ姿勢が厳しくなると自分で切りづらくなります。
周囲の人やフットケアの専門家の手を借りて、爪の伸ばしすぎや巻き爪を防ぐ必要があります。

配信 Willmake143

後悔しない!白内障手術

後悔しない!白内障手術
後悔しない!白内障手術高機能の眼内レンズが海外で開発され、日本でも白内障治療の選択肢が広がっているそうです。
見える世界は大きく変わり、眼鏡なしの生活も可能な時代となってきたとはいえ、「術後の見え方に不満が……」という声もしばしば耳にします。
手術は、一生に一度のワンチャンスです。悔いのない白内障手術のポイントについて、元日経メディカル編集委員の友吉由紀子さんがサンデー毎日2019年12月1日号でレポートしていました。

中高年世代は加齢に伴い、見えづらさを感じることが多くなります。白内障は、高齢者の8割以上に発症する代表的な目の病気です。


後悔しない!白内障手術「白内障は、透明に近いレンズの部分(水晶体)が濁ってしまう病気で、光を通しにくくなるために、見えづらくなります。
加齢が主な原因で、人生100年時代の今、誰もがなりうる病気です」と話すのは、秋葉原アイクリニック(東京都台東区)をはじめ複数の医院で白内障手術を年間約1万件手がける眼科医の赤星隆幸先生です。

近年は、海外を中心に白内障手術で挿入する眼内レンズの開発が進んでいるそうです。
眼内レンズには、水晶体のように、レンズ自体の厚みを調整する機能はないため、近くか遠くの1点にピントを合わせる「単焦点レンズ」か遠近など複数の距離に同時にピントを合わせる「多焦点レンズ」のどちらかを選ぶことになります。
日本では、単焦点レンズを使用した白内障手術が保険適用されるため、8〜9割以上の人が、単焦点レンズを入れているのが現状だそうです。

しかしここ数年は、海外で開発された多焦点レンズの性能が向上したため、国内未承認の多焦点レンズを保険外で導入する眼科医も増えているとのことです。
自費でもかまわないので、術後は老眼鏡も近視用メガネも不要の生活を送りたいという人は、最新の多焦点レンズの選択を検討してもいいし、メガネをかけることをいとわないならば、保険適用の短焦点レンズでも、良好な視界は得られると記事には書いてありました。


後悔しない!白内障手術

配信 Willmake143

グーパー体操

グーパー体操
グーパー体操2019年11月30日に「寝たきりでもできる!死ぬまでボケないグーパー体操」という本が光文社から出版されました。著者は、白律神経の研究で有名な順天堂大学医学部の小林弘幸教授です。
小林先生が提案する、いつでもどこでも簡単にできる「グーパー体操」が今話題を呼んでいます。

グーパー体操の基本形は次のとおりです。グーのときは痛くならない程度に、手のひらを指先でたたくようにぎゅっと握ってください。
パーのときは、指先をしっかりとのばし、指がそるまで大きく開きます。手のひらにハリが出るくらいまで広げるのが理想的です。
人混みでやるときは、目立たないように腕を下げてやってもOK。1分程度、ゆっくりとグーパーをくり返すのが基本です。
朝の起床後や、夜の就寝前に行うと効果的ですが、気が向いたときに何回やってもOKです。


グーパー体操実際、手のひらを握って開いて、グーパーを繰り返しているうちに手のひらがあたたかくなってきませんか?

順天堂大学の「漢方先端臨床医学研究室」でリアルタイムで血流の状態を測定できるレーザースペックル式の血流画像化装置を使って調べたところ、30代の男性が1分間グーパーを繰り返しただけで、手のひらから指の末端まで血流量の増加が確認できたそうです。
とくに末端の血流改善効果が顕著で、グーパーをする前と後では、人さし指約80%、中指約75%、薬指約71%も血行がよくなっていることが判明しました。
体中の血液の流れにも大きく関わる手の毛細血管の血流増加が、最新機器によって明らかになったのです。


グーパー体操血管の99%を占めている毛細血管は、「栄養血管」ともいわれ、酸素や栄養を体の隅々まで運び、健康を維持する役割を果たしています。
しかし、この毛細血管は加齢とともに減少します。動脈や静脈などの太い血管が、弾力のある若々しい状態を保つためには、毛細血管の血流がいい状態であることが不可欠なのです。

手や足を握って開くことで、毛細血管を剌激し、ポンプのように血液を全身に巡らせます。
とても簡単な運動です。手のひらを動かすだけで、消滅しないで残っている毛細血管の先端ギリギリまで血液が流れ、酸素が送り届けられます。
その刺激を受けて、新たな毛細血管が作り出されるのです。
この本で小林先生ががすすめる「グーパー体操」は年齢とともに消滅してしまう毛細血管を「再生」する運動です。

配信 Willmake143