健康の入り口"

音楽療法

音楽療法
音楽療法サンデー毎日2019年10月20号が、ココロとカラダを癒やす音楽療法についての記事を載せていました。音楽を利用して心身の治療や健康増進を図る「音楽療法」が医療の現場でも取り入れられているそうです。


音楽療法 一般社団法人・日本音楽療法学会名誉理事長で、聖徳大名誉教授の村井靖児先生(音楽学・精神医学)は、「認知症の人は、その瞬間のことは脳に記せなくても、昔の記憶は消えていない。昔、よく聴いた歌は覚えているんです。みなさん、歌っている時は実にいい表情をしていますよ」と述べています。 
ポイントは、しっかり自分で発声すること、そして歌詞の味わいを得て、心を奮わせることだそうです。
歌うことで、懐かしい世界にひたる「精神的反応」、他人と一緒に行動することで心のつながりを得る「社会的反応」、そして喉を使うことで喉の筋力を維持し誤嚥を防ぐといった「身体的反応」が得られるというのが村井先生の見解です。


音楽療法埼玉医科大短大名誉教授で理学博士の和合治久先生は「モーツァルトと健康効果」を研究しています。血液の流れなどを調節する自律神経には「交感神経」と「副交感神経」とがあります。
緊張やストレスのある状態や寝不足が続くと、交感神経が優位となり血流が悪くなったりします。副交感神経を優位にすれば、それは解消されます。
そこで、和合先生は、副交感神経を刺激するツールとして音楽に着目したのだそうです。和合先生は和音が多く、特に倍音が発生しやすいモーツァルトの楽曲をすすめています。

配信 Willmake143