健康の入り口"

健康を守るそうじ術

健康を守るそうじ術
健康を守るそうじ術日経ヘルス2018年12月号に健康を守る掃除術が紹介されていました。
そうじ術を教えるのは、利用者満足度が高いことで知られる亀田総合病院で約10年間、清掃管理者の経験を持つ松本忠男さんです。
「健康を守るための掃除は、汚れを落とすことよりも、アレルギーや感染症の原因となるダニ、カビ、細菌、ウィルス、花粉を取り除くことに重点を置く」と松本さんは語っています。
ダニ、カビ、細菌は、ホコリを餌に繁殖するが、現代の住宅は密閉性が高く、すきま風が通らないので、ホコリがたまりやすい。そこで、松本さんは、そうじ術の3原則を紹介しています。


健康を守るそうじ術

健康を守るそうじ術では最低限毎日どんな掃除を行えばいいのか。
松本さんによれば、必要なのは1日たったの12分だそうです。
「ダニ、カビ、細菌などを100%除去するのは不可能。
それらと共生しながらも、人が一番健康でいられる環境を整えると考えてほしい」と松本さんはいっています。

配信 Willmake143