健康の入り口"

歯周病を予防したい

歯周病を予防したい
歯周病を予防したいNHKテレビテキスト きょうの健康の2014年6月号に 「歯周病を予防したい」という記事が載っていました。

歯周病は、歯肉(歯茎)に炎症が起こる病気で、進行すると歯を支えている歯槽骨も破壊されてしまい、日本人の成人の8割以上に歯周病があるといわ れていると書かれていました。
起床時に口の中が粘つく。
抜けたままにしている歯がある。
歯ブラシに血が付く。
歯が長くなったように見える。
この4つの項目に一つでも当てはまる人は、歯周病になっている疑いがあるとも書かれていました。

健康な歯肉は、薄いピンク色で、コラーゲンの働きでよく引き締まっています。しかし、歯や歯肉に付着する歯垢(プラーク)の中で、歯周病菌が繁殖 すると、歯周病菌が出すコラーゲンを分解する酵素によって、歯肉は腫れてぶよぶよした状態になってしまいます。
また、歯周病菌によって産出される毒素や炎症物質などによって骨を溶かす働きが高まると、歯槽骨が徐々に破壊されていき、最終的に歯を支えきれな くなり、歯が、抜けてしまうことになってしまいます。

新潟大学大学院医歯学総合研究科の山崎和久教授グループの研究で、歯周病の原因となる細菌をのみ込むと腸内細菌のバランスが壊れ、様々な臓器や組 織に炎症を起こすことが明らかになったと読売新聞が2014年6月18日にオンラインで伝えています。

配信 Willmake143